レスベラトロール ミトコンドリア

スポンサードリンク

レスベラトロールとミトコンドリアの関係。
人は不老不死を望みます。
死にたくないですし、歳もとりたくない。
不老不死は不可能なまでも人は長生きしたいと思うもの。
長生きも若々しく長生きしたいと思うものです。

最近、長寿遺伝子なるものの存在が俄かに注目されています。
長寿遺伝子、その名もサーチュイン。
サーチュインとはNAD+依存型の脱アセチル化酵素群の総称です。
何のことだかさっぱりわかりませんが、このサーチュインこそが長寿の秘密。

人の場合、カロリーを制限することでミトコンドリアが捕酵素NADを出します。
これによりサーチュイン遺伝子がONになります。
ONになりますとサーチュイン酵素を作り出し、細胞を活性化させて老化を止める効果があるというのです。
細胞を活性化させるということは細胞分裂を促すということです。

そもそもミトコンドリアはどのような働きをするものなのでしょうか。
人が動くには筋肉の収縮が必要です。
筋肉は酵素を使用して栄養素を燃やしエネルギーとしています。
エネルギーを生み出す、いわば発電所の役割を担っているのがミトコンドリア。
ミトコンドリアが多いとエネルギーを大量に作り出すことができます。
そう、エネルギーを大量に作り出すということは基礎代謝が高いということです。
基礎代謝が高いということは痩せやすい身体ということになります。

ではどのくらいのカロリー制限をすればサーチュイン遺伝子がONになるのでしょうか。
通常、25〜30%ものカロリーを減らす必要があるのです。

レスベラトロールにはこのサーチュイン遺伝子をONさせるのに有効な成分だといわれています。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。