マイコプラズマ肺炎 自然治癒

マイコプラズマ肺炎には特効薬があります。
マイコプラズマ肺炎と診断されたら病院に行って特効薬を処方してもらうのが得策です。
しかし、社会人にもなるとそう安々と会社を休んで病院になんて行ってられません。
マイコプラズマ肺炎は自然比喩します。
本人が病院に行きたくないということならば気合で自然治癒を目指しましょう。

マイコプラズマ肺炎の症状は風邪の症状とよく似ています。
そのため、風邪と思い込んだままマイコプラズマ肺炎が自然比喩してしまうことも多いようです。

マイコプラズマ肺炎の主な症状は次の通り。
乾いた咳が続きます。特に夜間に多いです。
発熱があります。38度から40度と高熱になります。
胸痛と疲労感があります。肺炎なので胸のあたりが痛くなるようです。

マイコプラズマ肺炎の潜伏期間は長いのでどこで感染したのかわからない場合も多いです。
14日から21日と長いのです。
感染経路は飛沫感染と接触感染です。
お子さんがマイコプラズマ肺炎になった場合、自分も感染する可能性がありますが潜伏期間が長いので子供から伝染ったことさえも忘れてしまうかもしれませんね。
なので風邪と勘違いする人が多いのかもしれません。

何にしてもマイコプラズマ肺炎は自然治癒するということがわかるだけで安心しますね。
名前はよく聞くけれど詳しくは知らなかったってことよくあることです。

スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎症状 大人 2012

マイコプラズマ肺炎が過去最悪の流行です。
マイコプラズマ肺炎の初期症状は風邪の症状によく似ていますが似ているだけで通常の風邪薬では効きません。
咳が酷くなって呼吸困難に陥る人も多いようです。
突然変異を起こし抗生物質が禁に効かない新たな菌の存在も明らかになりました。

マイコプラズマ肺炎の患者さんの8割は子供ですが2割は大人です。
特に免疫が低下している高齢者は治りにくい病気です。
咳が出だしたらマスクは確実に着用するように。
マイコプラズマ肺炎を拡大させる原因になってはいけません。
健康な成人が感染すると稀に重症化するケースがあります。

大人の症状として喉の痛み、鼻水、鼻詰まり、37度〜39度以上の高熱、咳、痰の絡む咳、喘息の悪化、呼吸困難など。
大人も子供も症状はあまり変わりません。

大人の場合、風邪だからといってなかなか会社を休むことはできません。
仕事の内容によってはお客さんと接することもあるでしょう。
そんなとき、マイコプラズマ肺炎に感染していることを知らずにマスクもしないで咳をするようならば多くの人にマイコプラズマ肺炎に感染させてしまう可能性があるのです。

マイコプラズマ肺炎には免疫というものがないそうです。
なので同じ年に二度マイコプラズマ肺炎にかかることもあるんですよ。

マイコプラズマ肺炎は子供の病気だと思い込んでいると痛い目にあいます。
4年に1度流行が来ると言われているマイコプラズマ肺炎。
しかし最近は毎年のように流行っているようです。
だんだんと抗生物質の効かないマイコプラズマ肺炎が増えてきました。

スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎症状 子供

気管支喘息がある場合、マイコプラズマ肺炎によって咳が酷くなります。
喘息の発作を引き起こしてしまうことが多いです。
喘息で使用する気管支拡張薬はマイコプラズマ肺炎に効く抗生剤と相互作用を持つので使用には注意が必要になります。

以下の症状が出た場合には要注意です。
黄疸、疲れやすいなどの易疲労感、痙攣、意識がなくなる、盛り上がった赤い発疹、かゆみのある地図のような湿疹
肝炎、脳炎、じんましんなどの可能性がありますので速やかに病院で診察を受けて下さい。

マイコプラズマ肺炎は「肺炎」と名前が付いていますが重症になることは少ない病気です。
外来治療で大抵の場合は治ります。
他の肺炎などを合併すると重症化する場合があります。
子供が学校にいけるのは熱が下がって1〜2日経ったら登校してもいいと診断されるようです。
熱が下がっても咳はしつこく残りますので運動は控えさせたほうがよいでしょう。

マイコプラズマ肺炎は子供の場合、5歳〜10歳くらいの年齢の子供がかかりやすい病気です。
症状は、鼻水、鼻づまり、熱は出る場合と出ない場合があります。熱が出る場合39度〜40度の高熱が続く場合もあるそうです。
最大の特徴はしつこい咳です。1ヶ月以上続く場合もあります。
本人は比較的元気だけど咳だけがしつこく続くというものです。
風邪の症状に似ているためマイコプラズマ肺炎だと気がつくまで時間がかかる場合があります。
風邪だと思い病院に連れていき、風邪だと診断されることも少なくありません。
熱が上がったり下がったりでその度に病院に行き薬をもらう。
だいぶ経ってからマイコプラズマ肺炎と診断され抗生物質を服用し治るってことも多いのだそうです。

親からすれば最初にマイコプラズマ肺炎だと診断してもらえればこんなに病院に通わなくて済んだのにと思うことでしょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。