モノづくり、人づくりを考える時代である。

モノづくり、人づくりの今を伝える必要がある。

出光は次の100年で活躍する幹部候補を育成していく。
創立100周年という大企業。
石油業界はオイルショックなどの危機を乗り越えて成長してきました。
今は環境の時代。
燃料系の内需は今後低迷していくものと思われます。
新興国などの海外需要への取り組みが急務となっている今、次代を担う幹部候補生の育成に取り込んでいるのです。

三菱自動車では新興国への専門技術者を2年以上派遣する人材バンクを発足。
新興国にある自社工場やサプライヤーの生産拠点に日本の専門技術者を2年以上派遣する取り組みを始めます。
この派遣の目的はグローバル品質の確保と現地人材の育成です。
派遣先は対、中国、ブラジルなど。
現在、人材育成は急務である。

三菱ケミカルホールディングスや旭化成などの化学メーカー各社は日本化学工業会を通じて科学産業に役立つ博士課程学生への奨学金給付を始めます。
優秀な学生の博士課程への進学を企業の博士課程の採用を促すことです。
化学業界では大学の研究成果が産業界の競争力に直結しています。
優秀な人材育成で化学業界の底力をつけたいというわけです。

三菱電機ビルテクノサービスでは教育制度を拡充します。
昇降機やビル設備の保守管理大手である三菱電機ビルテクノサービスでは人事制度の見直しに乗り出しました。
市場の変化に柔軟に適応できる人づくりの体制を急ピッチで整備します。
入社6年目の全員を移動の対称にするという大胆な人材育成計画なのです。

モノづくりには人づくりが大切ということを大手企業はわかっているのです。

スポンサードリンク

フランチャイズについて

コンビニエンスストアのフランチャイズは、現代の「奴隷制度」とも言われているそうです。

参加する前にはたくさん情報を収集することが大事になってきます。

加盟の勧誘時に特に気をつけること。

コンビニ研究に関する書籍を信用しない、当てにしない。
実際の加盟店の損益計算書を入手し、専門家に見てもらい研究する。
24時間営業での人件費の算出は自分で算出してみる。
夫婦2人の人件費を算入して計算しても営業利益が出るかどうか試算してみること。
初期の投資金額を借金しての資金準備ならば加入はしてはいけない。初期投資は最低でも300万円は必要です。

コンビニ本部の店舗開発担当者に確認すること。

利益分配の方法を聞く。荒利分配方式の中身が問題。
平均荒利率のことをきく。
1ヶ月の平均的な人件費金額をきく。
予想損利の算出根拠についてきく。

自分で試算したものと比較しながら本部の予想試算の算出根拠をきくべきです。
この時点で違和感を感じたら加盟は避けるべきです。

後になって、「こんなはずではなかった。」では済まされません。自分自身で試算し、本部の説明に納得できなければ無理に加盟しないことが大事です。見切り発車的な考えは捨て去りましょう。

本部の指導や統制に従う必要があります。それぞれの加盟店が好き勝手なやり方で運営することはできません。すべての店舗が同一のイメージで事業展開を行っているからです。

フランチャイズに加盟すると、加盟金やロイヤルティーなど、一定の金銭を支払うことになります。ブランドの使用料や、運営に関するノウハウに対する対価として支払うことになります。

契約が終了したあとも一定の期間は同業種での営業が禁止されている場合が多いです。本部のノウハウだけ吸収したらすぐに脱退し、個人で同じ事業を行うことをさせないためです。

本部に依存する気持ちが強くなってしまいます。本部から「ブランド力」と「ノウハウ」を使用できる権利を「買った」のですから、あなたに必要なのは「営業力」と「運営力」です。この2つが事業成功のカギとなることでしょう。

経営が標準化されているので、「応用力に欠ける」というデメリットがついてまわります。しかし逆にいえば「標準化による経営の容易さ」がメリットともいえます。加盟店が中途半端に経営方法を変えるリスクよりも、本部の経営方法に従っていたほうがリスクが少ないといえます。

他の加盟店の失敗の影響を受けてしまいます。本部としては「ブランド力の低下」のリスクをしょってフランチャイズ展開をしているので本部としてはブランド力の低下をなにがなんでも避けたいものです。
加盟店の指導に手ぬるさがあるような本部であるならば加盟は避けるべきです。「指導が厳しい」ということは、加盟店全体のことを考えてのことですので指導が厳しくなることは当然です。

人はどうしてもメリットだけをみてデメリットを避ける傾向にあります。「いい夢をみる」だけではフランチャイズの経営は成り立ちません。メリットよりもデメリットについて真剣に考えましょう。

焼肉店、焼き鳥屋、ステーキハウス、イタリアンレストラン、洋食屋、居酒屋、ラーメン屋、餃子店、牛丼屋など、外食産業は多数あります。
店舗の展開、ブランディング、メニューの内容、仕入先、価格など、店舗の運営に必要な要素がすべて用意されていますので、飲食業の経験がなくても、比較的簡単に独立や開業をすることが可能でしょう。
他のタイプのフランチャイズに比べると、開業資金がやや多めのところもあります。

メリットとしては次のことが挙げられます。
ふつう、飲食店の経営には経験のある調理人が必要です。当然ですよね。そのほかにも、保健所の許可、店舗の確保、内装、食器などの用意、仕入先の選出、価格の設定などの準備が必要です。
フランチャイズならば前もって用意されているし、本部のサポートがあるのでスムーズに開業できます。
本部からのブランディングを活用することにより、お客からの信頼も得られやすいです。リピーターも付きやすいです。

こんなあなたに向いています。
夫婦で開業したい方。
飲食業やサービス業の経験のある方。
人と接することが好きな方。
資金的に余裕のある方。
体を動かすのが好きな方。
スポンサードリンク

フランチャイズ口コミランキング

口コミランキングによるフランチャイズのランキング

小売業編

順調に店舗数と売上高の増加がみられます。
営業方法や立地条件などで売り上げにかなり影響されます。
コンビニエンス業界では生鮮食材の取り扱いを導入するなど、消費者の生活に今まで以上に浸透してきています。
省スペースでの経営が可能である、チケット販売など、多様な展開を持ちます。

第1位、コンビニエンスストア

打上高、約7兆円規模、店舗数にしては約4万2千店といわれています。
大手チェーンなどでは揃って増収増益を達成し、好調です。
最近の傾向として、主婦や高齢者をターゲットとした「生鮮型コンビニ」が注目されています。
主なフランチャイズとして、「セブンイレブン」「スリーエフ」などがあります。

第2位、ガラス工芸

ガラス工芸の需要として、結婚式の引き出物、ワイングラス、ホテルのインテリア、メモリアル商品など、マーケットは急速に拡大しています。
彫刻素材はガラスにとどまらず、金属、木材、自然石、デニムなど、幅広く施すことができます。
主なフランチャイズとして、「芙蓉ガラスアート工房」「ジャストルネサンス」「エアーアート工房」などがあります。

第3位、中古自動車、リベア

バブル崩壊後、低迷を続けてきましたが、2001年以降、自動車の生産台数は好調です。
保有自動車台数、免許所得率も年々向上しています。
自動車業界は最盛期の活気を取り戻しつつあるといってよいでしょう。
主なフランチャイズとして、「トータルリベア」「WATTA国際自動車査定協会」などがあります。

第4位、チケットショップ

チケットショップは、店舗の大きさが2坪くらいあれば開業することができます。
定員も販売員も1人からでも可能です。
仕入れと販売の過程で、1つの商品に対し2回の儲けを得る機会があります。
扱う商品として、「商品券」「ビール券」「図書券」「切手」「各種金券」などがあります。
主なフランチャイズとして、「K-NET」「アップルチケット」などがあります。

第5位、書店

書店経営は安定と自由の事業展開が可能です。
読書離れがささやかれていますが、一定以上の人は必ず本や雑誌の購入を続けます。
雑誌の売り上げが年々減少している反面、書籍ではベストセラーが目立つようになってきました。
安定した売り上げ、価格競争がないゆえ、店舗の充実に集中できます。
主なフランチャイズとして、「クリエイト ア ブック」「日本良本チェーン」などがあります。

口コミランキングによるフランチャイズのランキング

サービス業編

お客様のニーズに合わせて経営方法を柔軟に変えていくことができるため、時代の変化に対応しやすいと思われます。
ネットでの販売など、場所や時間の制約の低い業界では、低予算で経営することが可能です。また、副業としても経営できるでしょう。
サービス業のフランチャイズは、時代のニーズを先読みした本部の経営ノウハウを学ぶことができる点が最大のメリットと言えるでしょう。

第1位、インターネットビジネス

効率的に収益をあげることが可能なネット通販。仕事をしながらでも副業として開業することができます。
店舗がいらないため、低資金で始められることが特徴です。
取り扱える商品は実に幅広く、ブランド品からスポーツ用品、中古のパソコン、レアものの多いホビーなど、多種多様です。
主なフランチャイズとして、「CCKコーポレーション」「ハンマープライズ.jp」などがあります。

第2位、ハウスクリーニング

特に都心部の富裕層をターゲットにしたハウスクリーニングを含めた家事支援サービスが活性化してきています。
サービス内容としては、スタッフ1人で作業を行う簡易プランが伸びているようです。こまめなコミュニケーションで顧客満足度を高めるなど。
主なフランチャイズとして、「おそうじ本舗」「おそうじ隊501」などがあります。

第3位、保育、学習、教育

英会話、学習塾、資格スクール、習い事教室など、いろいろな年代とニーズが広がりを見せています。
女性の社会進出、少子化、格差社会の影響で多方向の発展をみせていくことでしょう。
主なフランチャイズとして、「ペガサスランニング」「早稲田教育ゼミナール」「チャイルドアイズ」などがあります。

第4位、リサイクルショップ

リサイクルビジネスは成長を続けています。
リサイクルフランチャイズ業界は、各種の研修が充実しているため、参入が容易であることが特徴としてあげられます。
主なフランチャイズとして、「リサイクルブランドブティック・ラ・フェスタ」「ミラクルボックス」などがあります。

第5位、サービス(探偵)

自宅で開業が可能な探偵業。依頼件数は年間300万件を超えるといわれています。
しかし、現在の状況は人材不足のため、消化できる依頼はそのうちの半数と言われています。
主なフランチャイズとして、「ガルエージェンシー」「パーソナルデータバンク」「オフィスエル」などがあります。

口コミランキングによるフランチャイズのランキング

飲食店編

飲食店系のフランチャイズのメリットとして、「いつか独立して、自分の店を持ちたい。」という夢を叶えることができること。
営業経験がなくても比較的にスムーズな開業をすることができます。
飲食業のフランチャイズの場合、ジャンルが豊富にあるため、有名店からダイニング居酒屋まで、いろいろなブランドを選べます。

第1位、居酒屋

居酒屋業界もデフレの影響を受け、若干の勢力の落ち込みはあります。
そんな状況の中で、やや高級志向の居酒屋フランチャイズが登場し、注目を集めています。
主なフランチャイズとして、「韓のおしり」「とりでん」「小樽食堂」「恵比寿18番」「立吞屋」などがあります。

第2位、焼肉店

2004年以降から売上の回復してきています。
焼肉店フランチャイズのメリットとして、食材の調達が容易であることと、新メニューや季節ものの商品の提案を受けることが挙げられます。
主なフランチャイズとして、「牛角」「ぱっぷHOUSE」「松阪牛焼肉M」などがあります。

第3位、ラーメン店、中華飯店

意外に思われるかも知れませんが、日本のラーメン市場は年間7,000億円と言われています。これは、居酒屋、お寿司屋、ハンバーガー市場を1,000〜2,000億円も上回っています。
ラーメン市場は成長を続けています。
主なフランチャイズとして、「麺屋黒船」「らーめん花月」「幸楽苑」などがあります。

第4位、宅配、テイクアウトピザ

宅配サービスはこれまで、順調な成長を遂げてきました。今後も宅配需要は伸びていくと推測されます。
近年、注目されているのは、高齢者向けの宅配弁当サービスなどがあります。
主なフランチャイズとして、「宅配クック123」「宅配寿司銀のさら」などがあります。

第5位、カレー屋

カレーは国民食という共通認識があるのでニーズは尽きません。
カレーフランチャイズが店舗数を伸ばしている理由は、本部の充実したフォローと、豊富なオリジナリティーあふれる商品力にあります。
主なフランチャイズとして、「スープカレー心」などがあります。
スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。