ヘイデイ 相場

ヘイデイの相場。
売買でアイテムを購入する場合、多くは一番高い金額で取り引きされる。
なぜ一番高い金額が多いのか。

それは売れ残った品物はトムやグレッグさんが買ってくれるから。
一番高い価格で売れ残ってしまったらどうしよう。
心配は無用、いつかは必ず売れるからです。

一番高い金額でもすぐに売れるものがあります。
土地や納屋、サイロを拡張するアイテムたちです。
自分で作ることができないアイテムなので収穫やペットからのドロップを待つしかないからです。
そんな中でも入手困難なアイテムに「マーキング用の杭」があります。
とにかくドロップしない。
そのくせ、いろいろなところで必要になる。
もしもあなたのレベルが低くまだ土地を広げる必要を感じていなくてもレベルが上がると必要になるので確保しておくことをオススメします。
納屋が少なくて持っていられないという場合でも、「杭」だけはなるべく取っておくように。
全ての土地を広げた暁には必要がなくなるので売りに出すのもいいでしょう。

マーキング用の杭をどうやって入手するのか。
やはり新聞を隅から隅まで確認するのが一番早い。
疲れるけど。
その際、レベルの高い人を覗きましょう。
レベルの高い人の農場と釣り場を確認してみましょう。
どちらも拡張が終わっていればそのうちに売りに出すかもしれません。
フォローして定期的に覗くように心がけると買えるかもしれません。

ヘイデイをやっていると新聞を見ている時間が長くなってしまう。
新聞は2分ごとに入れ替わります。
すべての内容を確認するとあっという間に2分経ってしまうのでいつまでも新聞を見ているという状況になってしまいます。
キリがないのですがこれが楽しかったりするんです。

スポンサードリンク

釣りスタラティメリア

釣りスタでいうラティメリアというのはシーラカンス唯一の現生属です。
つまりは生きている化石といわれるシーラカンスはラティメリアなんです。
ほかのシーラカンスは白亜紀末までに絶滅しています。
ラティメリアは2種類いますが大きな違いは色の違いです。
色が違うだけなのでどちらも同一種とみなす説もあります。

釣りスタの裏ヌシと言われているのは「ラティメリア」と「ヘリコプリオン」と言われています。
釣りスタを楽しんでいる人は裏ヌシと聞いたら釣らずにはいられないでしょう。

釣りスタ図鑑

釣りスタにも図鑑があります。
図鑑が存在するとどうしても図鑑を埋めて行きたいと思うのはどうしてでしょうか?
全部コンプリートしたときの満足感は堪りません。

川の魚と海の魚と図鑑がありますので先にどちらかの図鑑をコンプリートしてからもう片方の図鑑のコンプリートを目指しましょう。

竿にも図鑑があるので竿図鑑のコンプリートも目指したくなります。

釣りスタはさんまさんのテレビコマーシャルで一気に有名になりました。
最近はテレビコマーシャルもあまり見かけなくなりましたが人気はまだまだあるようです。

ラティメリアを釣って伝説を作りましょう。

スポンサードリンク

釣りスタ マスノスケ

GREEの釣りスタ。
テレビCMで知名度が一気にアップしたので知っている人が多くなりました。
そんな釣りスタのマスノスケの釣り方。
川の五代魚と呼ばれていますよね。
川の巨大魚とは、イトウ、マスノスケ、アオウオ、ナミタロウ、タキタロウです。

竿は水神以上がいいでしょう。
餌は巨魚の餌を用意して下さい。
場所はわらび川
時間は将軍タイムの1分から1分半が狙い目。

マスノスケの場合、必ず「BigHIT!」になります。

マスノスケが釣れる確率はわずか3〜4%と言われています。

25時間1分後に数匹だけが放流されるということなのでなかなか釣れないのは頷けます。

なぜか釣りゲームはみんな人気がある。
どうして人気があるのか。
それは実際の釣りが人気があるから。
釣りは子供からお年寄りまで幅広い世代で楽しまれている。
それは生涯通しての趣味になりうるものと思います。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。